自由席より指定席が安い!?【EXこだまファミリー早特】とは?

鉄道を楽しむ

こんにちは、ユキムラです!

新幹線は通勤から旅行まで、幅広く使える便利な乗り物ですよね。

そのなかで、東海道新幹線を走る各駅停車の【こだま号】は、近距離を移動したい方には身近な列車です。

「もう少し運賃が安くならないかな~」

そう思ったことはありませんか?

そこで今回は、複数人でこだま号の指定席をお得に使える、【EXこだまファミリー早特(以下こだま早特)】をご紹介します。

どれくらい安くなるの?

実際にどれくらい安くなるのか、値段を知らないと実感できませんよね?

参考までに、設定区間の【こだま早特】【当日購入の指定席】【自由席】の料金を比較してみましょう。

発駅着駅こだま早特指定席
(通常期)
自由席
東京
品川
小田原2,8903,810
3,630
3,280
3,100
熱海3,3004,2703,740
三島3,6304,6004,070
名古屋8,05011,09010,560
京都9,98013,85013,320
新大阪10,08014,40013,870
新横浜名古屋7,94010,4309,900
京都9,88013,18012,650
新大阪9,98014,07013,540
名古屋京都4,1805,7005,170
新大阪4,2806,4705,940
※2023年1月現在の料金(子供は半額)
ユキムラ
ユキムラ

発着駅は逆方向でも同額です。

乗車距離が長くなるほどお得度が増します!

利用できない期間

基本的に通年利用することができますが、次の期間は利用することができません。

  • ゴールデンウィーク
  • お盆
  • 年末年始
ユキムラ
ユキムラ

この期間に指定席を利用する場合は割増料金となります。

使える条件

何かとお得なこだま早特ですが、使える条件があるので注意が必要です。

具体的には、

  • EX予約に登録できる方
  • 複数人で乗車される方
  • 予約した列車のみ乗車可能
  • 普通車指定席のみ利用可能

EX予約に登録できる方

こだま早特は2つのインターネットサイト(以下EXサイト)のみ予約が可能です。

  • スマートEX(年会費無料)
  • エクスプレス予約(年会費必要)

そのためパソコン・スマートフォンなどの、通信環境を持っている必要があります。

ユキムラ
ユキムラ

これから登録を考えている方は、年会費無料の【スマートEX】がオススメです。

複数人で乗車される方

こだま早特は【2人~6人】までの、複数人で乗車するときに利用可能です。

そのため、1人で乗車するときには利用できません。

ユキムラ
ユキムラ

家族や友人などのご旅行で、利用するのはいかがでしょうか。

予約した列車のみ乗車可能

こだま早特の、デメリットである内容です。

予約の段階で、乗車する列車を指定しなければいけないため、それ以外の列車には乗ることができません。

そのため乗り遅れたときには、きっぷをキャンセルしたあと、改めて買うことになってしまいます。

普通車指定席のみ利用可能

こちらは【メリット・デメリット】両方あります。

まずメリットとしては、普通車の指定席を確実に抑えることができるため、必ず座ることができます。

その反面デメリットとして、こだま号の普通車指定席は自由席より少ない、【3両】となっています。(自由席は10両)

そのため予約が取りづらいことです。

ユキムラ
ユキムラ

皮肉なことに自由席は、ガラガラのこともあります。

発売期間

こだま早特は名前のとおり、早い段階で予約することでお得なきっぷです。

そのため、乗車当日に買うことはできません。

発売期間は乗車当日の、

1ヶ月~3日前】までとなっています。

変更・キャンセルはできる?

こだま早特を買ったあとに、

別の列車に変更したい

予約列車に乗れなくなった

そんなときに、列車の変更・キャンセルはできるのでしょうか?

結論からいうとできます。

それでは詳しく解説していきましょう。

別の列車に変更する場合

列車を変更したい場合は、

  • ICカード入場前・きっぷ受取り前
  • ICカード入場後・きっぷ受取り後

の状況によって、手続き方法が異なります。

ICカード入場前・きっぷ受取り前

予約したEXサイトにて、発車時刻4分前まで変更ができます。

ICカード入場後・きっぷ受取り後

EXサイトで直接変更することができません。

駅改札口の係員に申告することで、EXサイトで変更できるように手続きしてもらえます。(ただし、予約した列車が発車する前に限ります。)

ユキムラ
ユキムラ

列車が発車してしまった場合は、キャンセル手続きになります。

キャンセルする場合

キャンセル方法も同様に、

で手続き方法が違います。

ICカード利用前・きっぷ受取り前

列車発車前

手数料320円が掛かりますが、インターネットサイトから手続きできます。

列車発車後

列車発車後は手続きはできません。

「列車発車後にキャンセルした」という扱いになり、予約した列車の運賃が引き落とされます。

ICカード利用後・きっぷ受取後

列車発車前

きっぷを受け取った場合には、乗車日前までに【みどりの窓口】で決済用のクレジットカードを持って、払い戻し手続きをしてください。

列車発車後

自動的な払い戻し手続きはできません。

決済用のクレジットカードを持参して、みどりの窓口で手続きしてください。

まとめ

いかがでしたか?

素早く移動できる新幹線のこだま号を利用するときには、ぜひ利用したいお得な切符です。

少々手間はかかりますが、料金を少しでも抑えたい方は、参考にしてください。

それではこのあたりで!

コメント