乙種全類取得者が教える、危険物取扱者【乙1~乙6】を取得する方法

危険物取扱者

こんにちは、ユキムラです!

危険物取扱者の資格を目指している方は、乙種1類~乙種6類まであるのをご存知ですよね?

乙種4類を取得された方は、

「別の種類も取得してみようかな」

「全種類取得してみたい」

そんな方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、私が乙種全類を取得したときの【順番】と【方法】、【メリット】などをご紹介します。

乙種1類~6類とは?

乙種4類はガソリン・灯油などの、引火性液体を取り扱える資格です。

しかし・・・

ユキムラ
ユキムラ

乙種1類~乙種6類は

「どんな危険物なの?」

そんな方も多いのではないでしょうか?

そこで各種類を、簡単にご紹介します。

乙種1類(酸化性固体)

酸化性固体とは?

単体では不燃性ですが、加熱・衝撃・摩擦を与えることによって、酸素を発生させて周囲の【可燃物】を燃えやすくする危険物です。

例えば

塩素酸カリウム、過マンガン酸カリウム、次亜塩素酸ナトリウムなどがあります。

ユキムラ
ユキムラ

全種類を受験した中で【覚える量】と【同じような名前】が多くて、最も苦戦しました。

乙種2類(可燃性固体)

可燃性固体とは?

一般に燃えやすく、比較的低温で着火して燃焼速度が速い危険物です。

例えば

硫黄、赤リン、金属粉マグネシウムなどがあります。

ユキムラ
ユキムラ

他の種類と比べて、馴染みがある危険物だったので、覚えやすかったです。

乙種3類(自然発火・禁水性物質)

自然発火・禁水性物質とは?

空気や水と触れることで発火する危険物のことです。

固体】又は【液体】があります。

例えば

ナトリウム、リチウム、黄リンなどがあります。

ユキムラ
ユキムラ

覚える量が多いですが、聞いたことある名前が多かったので、勉強はしやすいです。

乙種5類(自己反応性物質)

自己反応性物質とは?

加熱・衝撃・摩擦を与えることで、発火又は爆発する危険物のことです。

固体】又は【液体】があります。

例えば

ニトログリセリン、トリニトロトルエン、アジ化ナトリウムなどがあります。

ユキムラ
ユキムラ

覚える量は多く、乙1に次いだ難易度だと私は実感しました。

乙種6類(酸化性液体)

酸化性液体とは?

すべて不燃性ですが、水や可燃物と触れると発火する恐れがある危険物のことです。

例えば

過酸化水素、硝酸などがあります。

ユキムラ
ユキムラ

乙種の中で覚える量が最も少なく、他の種類と比べて、難易度は最も低いです。

以上簡単にご紹介しましたが、全種類に共通していることは【液体】又は【固体】であり、気体はありません。

試験でも出題されることがあるので、覚えておきましょう!

私が取得した順番

私は次の順番で、危険物取扱者の資格を取得しました。

乙4

乙2

乙3

乙5、乙6(同時受験)

乙1

この順番で取得した理由は、【需要】と【難易度】によって決めたのですが、乙4を取得していれば大きなメリットがあります。

危険物取扱者の試験科目は、

  1. 法令
  2. 物理・化学
  3. 危険物性質と消化の方法

の3科目です。

このうち、【法令物理・化学科目が免除になるんです!

ユキムラ
ユキムラ

試験範囲もぐっと、少なくなるのでとても助かりました!

難易度と勉強期間

私が感じた難易度は易しい順に

乙6乙2乙3乙5乙1です。

乙6と乙2は覚える量が少なく、時間がない方でもコツコツと勉強すれば、1ヶ月ほどで覚えられますよ。

乙3、乙5、乙1は覚える量が多いので、3ヶ月ほど余裕をみると安心です!

取得方法

私が実践した方法は、1冊の参考書を購入したことです。

乙種12356類 危険物取扱者テキスト(実教出版)

A4サイズの参考書で1000円程度で購入でき、尚且つページ数も200ページ未満で収まっています。

コストパフォーマンスがとても良かった参考書です。

この参考書を使ってコツコツ勉強し、全類取得することができました。

現在は【新訂版】として、リニューアル販売しています。

あとは受験の申請をして、試験当日に全力を出しきりましょう!

メリット・デメリット

ここでは、【乙種全類】を目指す上での、メリットとデメリットをご紹介します。

メリット

まずはメリットです。

乙種の資格を何種類か取得すると、【甲種危険物取扱者の資格を受験できるようになります。

【甲種】は危険物取扱者の中で、最上位の資格です。

取得すると受験資格が得られる種類
次の4種類の取得が必要
  • 乙1又は乙6
  • 乙2又は乙4
  • 乙3
  • 乙5

4種類取得すれば甲種の受験が可能ですが、後々のことを考えて全類取得するのも、1つの手ですよ!

デメリット

取得する上でのデメリットは

費用が掛かる

この1つに尽きます。

危険物取扱者の受験には1種類ごとに

  • 受験手数料4600円
  • 免状の発行手数料2900円

この2つがそれぞれ必要です。

ユキムラ
ユキムラ

複数同時に受験して合格した場合でも、種類ごとに手数料がかかります。

以上、私が感じたメリット・デメリットでした。

また免許証の申請方法は、別の記事で書いたので、よかったらご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

乙種の試験は受験資格がないので、誰でも取得を目指せるのがいいところです。

私も未経験から取得しました。

この記事を参考にしていただいて、少しでも多くの方が、目指してもらえたら嬉しいです。

それでは今回はこのあたりで!

コメント